山本精一佐藤幸雄二人会

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年にスタートした〈二人会〉シリーズ、

毎回好評いただくうちに、早くも四回目となりました。

山本精一(山本精一 & THE PLAYGROUND など)と佐藤幸雄が同じステージに立ちます。

 

二人会とは、二人のうたい手(演奏家)が同時に舞台に上がり

一曲づつ交互にうたう催し。彼ら(うたい手たち)は

この催しにおいて決め事を持ちません。相手のうた・演奏を聴いてはじめて

自分のうたう・演奏する曲がその場にたちのぼる、といったふう

聴いたことのある曲もない曲も、その場でうまれ・つくられる

その場に立ち会うわたしたち(聴き手)は

音楽が“やってくる”かなたへ”、どうしても耳をすまさずにいられないのです

蝉の声が虫の音に、いつしかしずかに変わった頃、MANDA-LA2へお運びください

 

9月6日(土) 山本精一佐藤幸雄二人会

開場18時30分 開演19時30分

前売予約2500円 / 当日2800円 (+飲み物)
MANDA-LA2(吉祥寺)
http://www.mandala.gr.jp/man2.html

★前売は8月6日より、MANDA-LA2の店頭で販売。
メール予約は8月6日より、こちらfutarikai@gmail.comで受け付けます。
お名前、人数をお知らせください。

★なお、この会の入場順は、1)店頭販売、2)前売予約、3)当日となります。

広告

佐藤幸雄とスッパマイクロパンチョップ

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月26日(土)
佐藤幸雄とスッパマイクロパンチョップ

高円寺・円盤にて。
19時頃から集まっていただいて、19時半頃から演奏開始。
1500円(飲み物代込み)

円盤店主による、めずらしい、というか、お初の人と佐藤幸雄との対バンシリーズ。

前回、5月6日が第一回目は穂高亜希子さんとの会でした。
今回もどういうことになるのか、ふたをあけてみないと
誰にもサッパリわからない、これまたスリリングな夏の夜になりそうです。

すてきな3にんぐみ

●時代も大きく変われば、バンドも大きく変わる。音を立てて変わっていくような、様変わりのシーン、シーンを見聴きすることが、ライブに行くということだな、と思います。バンドが変わる、ということは、〈彼ら〉が変わるのではなく、彼らも含む〈わたしたち〉の有り様が変わることです。

●先の7月5日(土)、突然段ボール(すばらしい演奏でした!)をお迎えしての吉祥寺・MANDA-LA2での佐藤幸雄(vo.g) POP鈴木(ds) 藤木弘史(key)、お聴きになりましたか? 6月14日の名古屋ライヴから、ドラマーPOP鈴木に明らかになにかが起こってしまったようです。めちゃめちゃかっこいい、っていうか、かっこいい→すごかっこいい、にグレードバージョンアップしている、はっちゃけ具合い。鳥肌もののかっこよさです。それはもしかしたら、藤木弘史という朋友(なのかしら?)をメンバーに得たことによる自由さ(未来に過去に広がっていく感じ)も影響しているのかも、とマンツーライヴで感じました。藤木弘史はキーボード弾きです。マンツーライブに来られたある人の呟きに、藤木弘史に関する、こんなフレーズがありました。

 

“何でもできる人であるにもかかわらず、共演する相手を選ぶ人で、このバンドにはまさにうってつけ。不思議な縁を感じました。”

 

そうなんだ……そういう人なのか。ということはつまり、佐藤幸雄、POP鈴木が、新メンバーに藤木弘史を選んだわけでなく、藤木弘史が彼らを選んだということかもしれません。おそるべしすご腕の人です。だもんで、なんだか、いろいろできそう・起こりそう。これからますます始まりそうです。

この3人による演奏は、次回10月に予定しています。詳細出たら即お伝えします。次回お見逃しなく。