「佐藤のおすすめ」の一葉

 

1970年  11歳

その4年前にキョードーと共同でビートルズ武道館公演を成功させていた中部日本放送(CBC) その自社制作の子どもののど自慢番組「どんぐり音楽会」に出演中の一枚

 

大阪万博の年

テレビから現代音楽があんなに当たり前に沢山沢山流れて来たことは無かった

シュトックハウゼン、クセナキス、武満徹、高橋悠治etc

見たこともない建物の映像とともに聴こえて来る音楽の訳の分からない美しさ不協さにやられ

音楽室のオルガンを掌や拳や腕で弾きその響きを真似し

鉄鋼館は建物全体が楽器で来場者が叩いて音を出せると知ると

校舎の内階段の手すりを片っ端から叩いてその残響を聴いていた

 

近所の銭湯で同級生に「ビートルズが解散したよ」と知らされ

「ふぅーん」と応えた

 

エマーソン、レイク&パーマーの1st、クリムゾンならポセイドン、ソフトマシーンの3枚目 ピンクフロイド原子心母etc  が、リリースされていたその年(これ等を聴けたのはずっと後だ) (ぼくにはまずシカゴが聴こえてきていた)

やはりそのCBCの深夜放送

名古屋のレコードが買えない中学生はひたすらエアチェックと呼ばれる「タイトルを言われて慌てて録音ボタンをガチャッと押す」作業を繰り返していた(とは言え、水前寺清子だって聴いていたと思いますよ。1970年。ありがとう)

 

そして、その、たった2年後

ラジオからD・ボウイの「スターマン」が流れてきて、それが特別な何かだ、と直ちに了解された

 

そして、その3年後

友人の詩にたちまち曲がどんどん出来てしまい、その曲を演奏するために人を集め、バンド活動を始めた

と云うようなことから あっという間に今日に至るのでありました

 

ーーーーー

今回の出演者は昨年ぼくが見聴きして特別良かった方々です

競演を快諾していただいて誠に有難く感じています

聴きに来てくださって

本当にそうだ と、思っていただけると

信じております

 

「佐藤のおすすめ」です

佐藤幸雄

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「佐藤のおすすめ」

出演:水中、それは苦しい とんちピクルス 佐藤鈴木藤木バンド

5月4日(月・祝) open18:30/start19:30¥2500/2800+drink

吉祥寺 MANDA-LA2 http://www.mandala.gr.jp/man2.html

★前売りはMANDA-LA2の店頭でお買い求めください。

メール予約もfutarikai@gmail.comにて受け付けています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中