4月がやってきます

毎年新しい年度になると、新しい人たちが新しい場所に現れ、新しい服と靴と新しい道具を持って、新しい関係を作り上げてゆくのに、自分はすっかり、代わり映えがしないなぁ

と、思っていたのが嘘のようで、最近は何やら身辺が慌ただしい
ありがたいことだと思います

ついこの間、2月のこと、3月のことのご案内をしたばかりなのに
もう4月の情報です。何か、うるさくてすいません、くらいの気持ちにさえなります
でも、何か、タイミングが合った時で良いんですよ。来てくださるのは

今月は佐藤幸雄ひとりばかり

〜〜〜

4月2日(土曜)@彦六「春のさととん節(祭?)」wとんちピクルス
18時オープン19時スタート 2000円(オーダー別途)
http://www.ukuleleafternoon.com/hiko6/

とんちピクルス松浦浩司のことをぼくは敬愛しております
それは、彼が間違いなくパンク・ニューウェイヴを体に染み込ませた、「その次」を歌おうとしている人だからです
(これから必要なのは大人の歌)
なんであんな歌が深く聴こえるのだ?という問いかけが起ってしまうような罠を
「歌と演奏」のあちこちに仕掛け
彼は旅を続けている
わざと見過ごされそうな姿をとりながら

先日、大阪での彼との会は
とても良いものになりました

12498478_953551298055754_531749080_n.jpg
〜〜〜

4月3日(日曜)@マンダラ2「春待ちこんさあとvol.2」
18時オープン18時半スタート 前売2500円/当日2800円+drink
出演:佐藤幸雄、COMEDY(杉林恭雄+SHIGE)、古澤隆広&ザ・スモーク・サークル・オブ・フレンズ
http://www.mandala.gr.jp/man2.html

元バナナリアンズ、元プレッシャーの古澤隆広とは昨年の秋、名古屋KDハポンで再会、その時彼は「ピリランボ」というバンドを率いてだった。
泊めてもらって山ほど話し、あれ?ずいぶん久しぶりじゃなかったかな。と後で気がついた程でしばらくすると連絡があり、次の春に自分の個展があるのでその時期に演奏することはできないか。との問い合わせ
(美術畑の人が楽器を持ちバンドを始めるのも「時代」だったのかも)
そこで共通の古い友人である杉林恭雄に声を掛け、実現した企画
進めるうちに、杉林が元バナナリアンズのSHIGEとのバンドを作り全部新曲で臨むと宣言し、元プレッシャーの楠均が古澤のバンドに参加したりと、妙に盛りだくさんのこととなりそう
この日は杉林の誕生日でもあるし

2016_SSF_チラシ.jpeg
〜〜〜

4月5日(火曜)@ひかりのうま w藤井邦博(魚座)
19時オープン20時スタート 2300円+飲み物代
http://hikarinouma.blogspot.jp/2016/03/blog-post.html

小倉在住の藤井邦博。ぼくは未知です
ただ、信頼できる友人がここ数年来、とても強く推している
だから出会う機会をずっと待っていた

「それ」に対峙する時
ぼくはきっと、きちんと丁寧にいたします

CdVywGEVAAAtNuU.jpg
〜〜〜

4・17(日曜)には同じく@ひかりのうま にて
安倍川橋オデンロックフェスティバル が行われますが、これはまた追って

Cd-u0SLUEAAqPUB.jpg