二人会七回目雑つぶや記

愛し方のかたちはいっぱいある。この時、この場所、このひと、このひとたち、この風景、この食べもの、この音、この言葉、このまなざし、このかたち……。それらをどうしたら「愛してる」って言えるか、「愛してる」って伝えられるか。 via ついっぷる  2015.07.21 21:59

どうしたら「愛してる」って伝えられるか。体と頭と楽器とその他もろもろを駆使して、一回ずつ一瞬ずつ、それを模索しながら生きているのが、倉地久美夫という音楽家なのだな、と今ようやく自分の中でわかる。 via ついっぷる  2015.07.21 22:00 7月21日

愛し方のかたちはいっぱいある。いっぱいあるだけに、自分の愛し方を伝えるのはとてもむずかしい。相手にわかってもらえる保障がない。だからじたばたする。全身で。自分がそのときに考えられる(できる)あらゆる手段を使って。きっと倉地久美夫はずっとそういうことをし続けてきた、と自分の中で想う via ついっぷる  2015.07.21 22:04 7月21日

持ってきたカメラで。彼が撮った記念写真。彼が記念写真を撮っている、その場にいた者は、そこに写っている風景をきっと一瞬想像しただろう。それもまた、彼にとってはライブ(演奏)。そして、果たしてそこに写っていたものは? わかっていたけれど、泣きそうになった。人たらしだな、倉地久美夫。 via ついっぷる  2015.07.21 22:07 7月21日

ことばが場に溶ける瞬間を見た、と思った。たとえは悪いけれど、たとえば、たとえばですけど、ツナ缶をマヨネーズで伸ばすみたいに、その場の空気に、彼が発するそばから言葉が溶け出すのを見てる、と思った。佐藤幸雄のうたのことば。溶け出すのは、受け取り手がそこにいるからだ。 via ついっぷる  2015.07.21 22:11 7月21日

溶け出したそばから、「あらぁ、したたり落ちちゃう」と慌てて、たなごころ全開で受けとめる聴き手がいるから言葉が溶け出す。溶け出した言葉しか、聴き手たちの心身の浴する深いところには入らない気がする。夕焼けどき、まだ青が残る宙にオレンジが溶け出すように。深い、っていうかなんというか via ついっぷる  2015.07.21 22:15 7月21日

二人会は二度と同じがないのです。あたりまえだけど。奇跡のような音楽会。音楽というものが、なぜ二人に、一人に、大勢にある(必要)のかという根源から、ぐらぐらと揺るがされるような。揺るがされるのが苦手なひとは聴きに来ないだろう。でも、ぐらぐらはわたしにはいつだって必要。ぐらぐり、は via ついっぷる  2015.07.21 22:22 7月21日

CKcS9gxUkAE5_5G

 

【告知】倉地久美夫佐藤幸雄二人会

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

さあ、おまちかね。次なる刺客……じゃなかった二人会のお相手は倉地久美夫!

いったいどんなことになるのでしょう。詞にも驚くけれど、ギターの一音一音が、音の前後の空白までもが、何かを伝えてしまう、そんなオソロシイ男が福岡からやってくるのです。二人会も七回目を迎えて、ますます波乱含みのどきどきのステージが待ち受けている感じがします。これまでの六回もそりゃあ、すさまじかったんですけどねぇ。

八回目があるのかも、ないのかも、よくわかりません。一回ずつがすべて、なのです。ぜひ、一回ずつを見にきてください。演ってる側も、聴いてる側も、一瞬一瞬が真剣。これ以上の娯楽はないです。

 

倉地久美夫佐藤幸雄二人会

とき  7月19日(日) 18時30分開場 / 19時30分開演

ばしょ 吉祥寺・MANDA-LA2(前売りは窓口で販売中)http://www.mandala.gr.jp/man2.html

前売りチケットのご予約は、メールでもfutarikai@gmail.comにて受け付けています。

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

【告知】7月の日曜は連続で! まずは7月12日@名古屋

0712_aritenA5ol

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋のバンドの方に呼んでいただきまして、佐藤幸雄+POP鈴木、で演奏します。名古屋での演奏はなぜかとくべつアツいのです。佐藤はもちろん、POP鈴木がすさまじい太鼓たたく。だからお近くの方はお見逃し無く、であります。

興味深い演奏会が数々行われてきた、名古屋のK・Dハポンっていうところも楽しみ。

蟻天プレゼンツ、〈暑苦しい人びと〉という企画名。ほかにもどんな、あつっくるしい方々(?)が出演するのでしょう。これまた楽しみ。

 

 

とき  7月12日  18時開場 / 18時30分開演

ばしょ 鶴舞K・Dハポン http://www2.odn.ne.jp/kdjapon/

 

 

[告知]澤部渡佐藤幸雄二人会

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

さあ、おまちかね、大好評の二人会のおしらせです。

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このたびは、澤部渡(スカートなど)と佐藤幸雄がひとつのステージに立ち、一曲ごと、交互に演奏するのです! すごくたのしみ。

詳細はチラシをとくとごらん下さい。

 

 

 

「澤部渡佐藤幸雄二人会」

6月14日(日) open18:30/start19:30¥2500/2800+drink

吉祥寺 MANDA-LA2 http://www.mandala.gr.jp/man2.html

★前売りはMANDA-LA2の店頭でお買い求めください。

メール予約もfutarikai@gmail.comにて受け付けています。

コメントする

佐藤幸雄+藤木弘史 @みろくさんぶ

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

(一部で)おなじみの静岡・弥勒にあるみろくさんぶにて、佐藤幸雄+藤木弘史の演奏があります。

ピアノ弾きの藤木弘史と、みろくさんぶ店主(power of pleco)は若かりし頃に、とても深い音楽的なつながりがあったという。佐藤は約2年前にたまたま、みろくさんぶに出会い。その約1年後にPOP鈴木、藤木弘史とバンドを組んだ。そして初めて、みろくさんぶ店主と藤木との不思議なつながりを知った。大いなる偶然というか、めくるめく必然というか。そんな三者の因縁めいた演奏が繰り広げられる安倍川のほとり。さぁ、こぞってお出かけください。

 

■チラシの裏に小さな文字で書かれていること

ここは暇があれば読んで頂けると光栄です今回のブッキングライヴは佐藤幸雄氏とMr芳澤のご厚意により形成されましたTHANXSOMUCHまず最初に幸雄氏の意向により来静出演される藤木弘史氏は実は私が20代の頃に上京していた時のバンド(私の実兄と組んでいた時の)メンバー時を経て佐藤幸雄バンド(近年diskuyunionよりCDリリースしたりライヴ活動も精力的)の現メンバーとして活躍しここみろくで約25年ぶりの再会となりますさて佐藤幸雄(Vo.G)+藤木弘史(Pf)のセッションは静岡では初なので必見容赦ない演奏に期待です芳澤氏とは最近のブッキングで幾つも個性ある演奏者を紹介してくださり今回は2組がみろくでは初登場エントリー地元静岡で活躍されているフォークロックバンドそのひぐらし今年FMK-miアマチュアオーディションみごと優勝してますと地元静岡でジャマイカ音楽好みリズムセセクション等の演奏が多いINoL今回は弾き語りそれとさんぷ店主powerofplecoは旧メンバー(トラB.村越ゆきDr.)と新加入(ユーレイvo.)バンド編成でという4組なんですが各自別世界面白いよ 文・artwork/RICHARD HORROW

 

[告知]佐藤幸雄+ @ひかりのうま

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

5月10日(日曜日)夜6時開場、7時開演

佐藤幸雄+(さとうゆきおぷらす)で演奏します。

今回は佐藤鈴木藤木バンドのピアノ弾き、藤木弘史を「+」に迎えての歌と演奏。これは初めての試みです。すごく楽しみ。競演あり。コーラさんという(佐藤も未知なる)詩人の方とそのお仲間たちのバンド(なのかな?)「S/C+森の仲間たち」です。これまた楽しみ。

場所は大久保の「ひかりのうま」。ちいさなかわいらしい、カフェオレを注文するとお椀で出してくれるので驚く、チャーミングな店です。音響もおもしろい。ぜひいらしてください。料金は前売なしで¥2000+飲みもの。 http://hikarinouma.blogspot.jp/2015/04/blog-post.html